感想

わたしの”ラブの師匠”みうらじゅんの「やりにげ」

タイトルもタイトルですが、残念ながらタイトル通りの本でございます。 故に、そればっかりが書かれておるわけです。 読んでいて、あまりにも「しょーもなっ」と思うわけですが、 いえいえ、お下劣な中にもハタとする言葉があったりして、 たんな...