高松の「菊池寛記念館」へおでかけしました

スポンサーリンク

高松にある「菊池寛記念館」へ行ってきました。

高松が生んだ文豪 菊池寛。
彼の偉業をたたえて、
高松へ行くと、菊池寛通りと呼ばれる通りがあったり、
菊池寛にちなんだ銅像があちこちに置かれています。


菊池寛記念館1
残念・・・。写真撮影は入り口のみ。

菊池寛記念館2
菊池寛は「父帰る」や「真珠夫人」などの作品。
「文藝春秋」の創設、
芥川賞・直木賞の設立者としても有名ですね。


記念館は図書館の館内にあり、入館料200円。
あまり期待していなかったけど、
作品、書斎再現、私物、
芥川・直木受賞作品の年譜など、
かなりの見応えで大満足!

個人的には、菊池寛の私物展示にあった、
羽織りに釘付けでした♪
羽織りの紋が「菊池」と奥様の旧姓「金子」からとった
アルファベットの「K」なんだもの。洒落てるでしょう♪
(★イメージとしては「組曲」のロゴね)
金縁とべっ甲の丸めがねも素敵だったわぁ。

あらためて、菊池寛の本も再読したいです。

菊池寛記念館

コメント