わたしの”ラブの師匠”みうらじゅんの「やりにげ」

スポンサーリンク

タイトルもタイトルですが、残念ながらタイトル通りの本でございます。
故に、そればっかりが書かれておるわけです。
読んでいて、あまりにも「しょーもなっ」と思うわけですが、
いえいえ、お下劣な中にもハタとする言葉があったりして、
たんなるエロだけではないんですよねぇ、これが。
そこが、みうらじゅん。
さすがはじゅん師匠と、感服した1冊なのです。
大竹まこともラジオで「すごい本だね〜」と、言ってましたけれど、だからといって、安易に人にはおススメいたしません。
キッパリ。
みうらじゅん「やりにげ」

うずたまの勝手な評価は

コメント