やっとやっと岡本太郎の「太陽の塔」に会いに行ってきた〜!!

スポンサーリンク

やっとやっと会いに行ってきました!岡本太郎の太陽の塔に!
あ〜、ほんとうにやっとやっとです。名古屋から大阪なんてそんなに遠くないし、祖母が大阪で暮らしていたので大阪へは子供の頃からよく行ってたから万博記念公園へ行くこともできたのに・・・ん〜、機会がなかったんですよね。もちろん太陽の塔もそのたびに見ていましたよ。“車の窓越し”からでしたけど、それでも太陽の塔が車窓から見えると「太陽の塔だ!」と大はしゃぎしたものです。そんな懐かしい想いも抱えながら、念願の万博記念公園へ行ってきました!


念願の万博記念公園に到着
この日はあいにくの空模様でしたが、駐車場から見える太陽の塔の後ろ姿に感動しました。思わず「やっと会えたぁ」と独り言。娘と心斎橋で別れてから、ここまで単独行動で来ました。
吹田のごちゃごちゃした道に迷いながらも、なんとかたどり着いた悦びでもあります(笑)

太陽の塔の後ろ姿
太陽の塔の後ろ姿。背中が何かを語っているようですね。
この後姿を見ながら、わたしは持ってきたお弁当をひろげ
贅沢なランチを楽しみました。ほんとに夢のようなランチタイムでしたよ。

横から見た太陽の塔
お弁当も食べ終わり、さぁ、いよいよです。
ドキドキしながら太陽の塔を・・・
か、カッコイイ!!!!

正面からの太陽の塔
なんてカッコイイんだろう!時代を経てもこの迫力と存在感。
もう恍惚としてしまう・・・。ひとりということも忘れ異常にテンションが上がってしまい「カッコイイ!カッコイイ!太郎だ、太郎だ」と思わずはしゃいでしまいました・・・。
(周りに人がいなくてよかった。あ、近寄りがたかった?)

太陽の塔一番好きなアングル
太陽の塔はどこからみてもカッコイイんだけど、そのなかでも
この角度から見た太陽の塔が一番好きです。

今にも歩き出しそうな太陽の塔
公園の花壇越しに見た太陽の塔。
なんだか今にも歩き出しそうな雰囲気じゃないですか?
“塔”なのに、実に生々しい。これも太郎の作品だからこそ。

聞き耳を立てているような太陽の塔
公園内では「カレーEXPO」が開催されていて多くの人が来ていました。背後に感じる人ごみに聞き耳を立てているような・・・(笑)いや、ほんとに生きているみたいなんですよね“塔”なのに。

正面から見た太陽の塔
真正面からの太陽の塔。ものすごい存在感と
圧倒的な迫力ですよね。そして生命力を感じます。
うん、やっぱりこの太陽の塔は生きていると思います。

コメント