樹木希林のように黒絵羽をラフに着こなしたい

スポンサーリンク

子供達の卒入学式には着物で出席していますが、わたしの着物はほとんどいただいたもの。いただいた着物は素敵なものばかりなのですが、小物とかはあるものを必要最低限で使っているという感じ。見る人、わかる方から見れば「なにそれ?」・・に、なるのかもしれません。
でも、(もちろん失礼のない範囲で)あるもので着物を楽しみたい!という気持ちの方が着ないよりはいいんじゃないか?って思うんですよね(笑)
そんなわけなので、黒絵羽に紋がついたのを持っているわけがありません。
黒絵羽をヤフオクで探して探して探して・・・1年くらいかけて気に入ったものを落札しています。これがね、なかなかいいお品があるんですよ。

黒絵羽織の刺繍
2500円で落札した黒絵羽。
しつけ糸がついたままの新古品です。もちろん正絹。
羽織の刺繍
手の込んだ刺繍、素敵でしょう。
根気よく探し続けてよかったなと思っています(笑)


黒絵羽ってどうしてもかしこまったイメージで、卒入学式限定の羽織って
なりますよね。でも、これからはふだんのお出かけの時にも
どんどん着たいなと思うようになりました。
刺繍が映えるこんなに美しい羽織ってそうそうないですしね。
それがわかるお年頃になったってことかもしれませんけど(笑)
樹木希林のように、粋に黒絵羽を着こなしていきたいです。
あれこそが「粋」ってもんですよね。

コメント