京都 下鴨神社を着物でぶらり

スポンサーリンク

前回に引き続き、今回も10月中旬に訪れた京都を紹介します。
青龍殿を後にして、次はテレビでもコースになっていた下鴨神社へ向かいました。下鴨神社はいつ訪れてもいいところですね。


下鴨本通

下鴨神社といえば「糺の森」前に訪れた時は盛夏だったので、蝉しぐれの中を歩いたのを思い出します。この日は10月中旬とはいえ、ちょっと暑かったんですけど、木陰は涼やかで歩くのに爽快でした。

下鴨本通-発掘1
参道を歩くと何かやってる・・・樹木の保護?
整地?なんなんでしょう。

下鴨本通-発掘2
立てかけられた看板を見ると「発掘調査中」
調べてみると、弥生時代の住居跡や土器が数多く発掘されているそう。新たな発見があるといいですね。

鴨長明の河合社-1
三井神社賀茂建角身命、玉依媛命、伊賀古夜媛命の三神がまつられています。

鴨長明の河合社-2
境内の中へ。紅葉シーズン前だったからか?
青龍殿どうよう下鴨神社も参拝者の方や観光客が少なかったです。

鴨長明の河合社-3
秋を感じながら、ゆっくり境内を散策。

下鴨神社-参道
次は下鴨神社へ。糺の森を歩くと、心身が清められるような気持ちになりますね。

下鴨神社-南口鳥居
この日は雲ひとつない晴天でした。大鳥居の朱色が青い空に映えて美しいこと。こんな瞬間、あー、日本って最高と思います。

下鴨神社-楼門
下鴨神社境内へ。人が居ないので、建物の美しさをゆっくり堪能できました。

下鴨神社-八咫烏と舞殿
神社の中門内側に巨大なカラフル鳥が鎮座しています。
これは八咫烏のモニュメント。サッカー日本代表のマークで有名ですね。

下鴨神社-御手洗社
御手洗社。ケガや病気、さまざまな災難厄除けの神様です。
みんなの健康祈願を・・・・。

下鴨神社-御手洗池
お社の前の「みたらしの池」この南側には「御手洗川」が流れています。このみたらしの池を舞台に、土用の丑の日には「みた らし祭」(足つけ神事)が催行。池に足をつけると毎日を無病息災で過ごせると伝えらています。テレビでその神事を紹介していて、次回はぜひ「みたらし祭り」で無病息災を願いたいと思います。ちなみに「みたらしの池」はみたらし団子発祥の地といわれているんですよ。


久しぶりの下鴨神社。糺の森を歩くだけで、心が浄化されるような清々しい気持ちになりました。今回、あまり時間がなかったので上賀茂神社まで足をのばせませんでしたが、上賀茂神では、社正遷宮が斎行されていたようです。まぁ、後で知ったのですが・・・。でも、予定通り下鴨神社で健康祈願ができたし、観光客が少なかったおかげでゆっくり境内を散策できたので大満足です!とても贅沢なひとときを過ごすことができました。

コメント