澁澤龍彦が眠る北鎌倉「浄智寺」を訪れて

スポンサーリンク

マルキ・ド・サドやジャン・コクトーの翻訳をはじめ、中世ヨーロッパの知られざる歴史を紹介したフランス文学者の澁澤龍彦。「幻想、倒錯、人形、毒薬…」といったキーワードからつらなる妖しくも美しい澁澤龍彦の世界は、わたしを魅了します。そんな彼の魔力に息子もかかり?血って怖い(笑)2年前になりますが、親子で北鎌倉にある澁澤の墓を訪れることにしました。


北鎌倉駅近くにある浄智寺
緑に囲まれた浄智寺この寺に澁澤は眠っています。
北鎌倉はまだまだ緑は多いのですが、この浄智寺は特に緑が多いような気がします。

澁澤龍彦の墓、北鎌倉「浄智寺」2
この石段を上がると右側に受付があります。拝観料は当時(2年前)200円でした。受付の方が地図をくれて、澁澤の墓のある場所を丁寧に教えてくれます。

澁澤龍彦の墓、北鎌倉「浄智寺」3
仏殿「曇華殿」ここには三対の仏像が祀られているそうです。

境内にある竹やぶ
境内を奥へ奥へと進むと竹林が。訪れたのは夏でしたが、風に揺れる笹の葉の音に涼を感じました。

境内先を歩く息子
さっさと歩いて行ってしまう息子。場所わかるの?

かやぶき屋根の書院
茅葺き屋根の書院。風情がありますよね。タイムトリップした気分になります。

澁澤の墓所にたどり着きました
緑の中をくねくねと歩いて、たどり着く澁澤の墓所。この静寂。。。
澁澤らしいなと想わせる場所です。

渋澤龍彦の墓
澁澤龍彦のお墓。墓前には、お酒とドラゴンの人形、天然石がお供えしてありました。彼が愛したものばかりですね。

澁澤龍彦関連書籍

作家の墓をお参りしたのは、今回が初めてでしたが、ここに大好きな澁澤龍彦が眠っているのかと思うと、足元からじ・・・んと熱いエネルギーが伝わってくるような気がしました。うれしかったですね。静寂な緑の中にひっそりと佇む澁澤龍彦のお墓は、何か語りかけてくるような不思議な雰囲気がありました。うちの息子は昨年も一人でまたここを訪れています。また行きたくなる気持ち、わかります。。。

「澁澤龍彦展」へ行った時のこと
https://kimono.uzutama.net/post-265-265.html

コメント

  1. 松雪暮人 より:

    素敵なブログを読ませていただきありがとうございます!!
    私も澁澤さんの一人のファンで、こちらをきっかけにして浄智寺に参りました。とても綺麗で心が落ち着く場所でした!しかし残念ながら澁澤さんのお墓まで行けませんでした。平日(GW)に参りましたので、お墓を訪ねる日にちが限られているのではないかと思いまして、着物と文学・・・たまに猫さんはいつ頃に訪ねて行ったのかを教えて頂けませんか?初対面で質問ばっかりで申し訳ございませんが、教えて頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

    • うずたま より:

      松雪さま
      コメントありがとうございます。返信がすっかり遅くなってしまい申し訳ございません。
      浄智寺を訪れたとのこと。お墓まで行かれなかったのは、残念でしたね。
      わたしが訪れたのは、夏でした。拝観料を支払う際、受付の方に澁澤氏のお墓を参りたいと伝えると、地図を下さいました。
      ただ、今から数年の前のことなので、現在も地図をくださるのかはわかりません。
      わたしもまた、澁澤のお墓を訪れたいと思っております。
      松雪さまも次回はお参りできることを願っております。