背伸びして読んだ、パヴェーゼ「美しい夏 女ともだち」

スポンサーリンク

多感な14歳の頃、佐野元春が大好きでした。彼の音楽もですが、彼が描くイラストや散文に強烈に惹かれましたね。彼の感性の泉に少しでも触れてみたくて、佐野氏の愛読書をわたしも読んでみることにしました。佐野元春が好きな作家はホフマンとパヴェーゼ。
どちらも初めて聞く名前です。今のようにネット環境なんてありませんでしたから、洋書に強い本屋さんへを探して・・・注文しましたねぇ。今思えば不便かもしれないけど、あのわくわく感は忘れません。ホフマンは長野旅行の時に持参しました。しかし、中2女子がわかるはずもなく、ただ読んでみただけで終わりましたね。

パヴェーゼ「美しい夏/女友達」
でも、パヴェーゼの「美しい夏 女ともだち」は違いました。
ちょっと背伸びして読んだ本ですが、自分も大人の仲間入りをしたような錯覚になり、しばらくうっとりした気持ちでいたのを覚えています。多感な14歳で読んだ本なので、ライ麦畑と同じくらい大好きな1冊に入ります。佐野元春を知らなければ、パヴェーゼの本を読むことはなかったと思います(少なくとも14歳では・・・)パヴェーゼをえらぶところ、やはり佐野元春の感性ってすばらしいんですよね。。。もう、何十年も前に読んだ本ですが、夏がやってくるたびに、この本を読んだ時の胸キュンな気持ちが甦ります。

うずたまの勝手な評価は

コメント