いつかは行きたい!パリの書店「シェイクスピア・アンド・カンパニー」

スポンサーリンク

中谷美紀がナレーターをつとめる「パリで逢いましょう」というBSの番組が好きでよく見ていました。
そこで紹介された、パリ5区セーヌ川左岸にある「シェイクスピア・アンド・カンパニー」という書店がとても素敵だったんです!そもそもの創立は1919年と古く、建物は変わりましたが、雰囲気のある店内には、歴史ある古書が数多く置かれていて、若い詩人や文学者達に宿泊施設と仕事も提供しているという書店。若い芸術家をサポートするなんて、すばらしい書店だわ!と、いつ行けるのか分からない「フランス行きたいところリスト」に即追記しました。
パリ5区にある書店シェイクスピア・アンド・カンパニー

それからほどなくして、息子が一人でフランスへ行くという。
無類の本好きである息子に「シェイクスピア・アンド・カンパニー」の話をしたところ、ふーん、行ってみるわぁ・・・。
気のない返事だったのですが、ほんとうに行ってきました!
息子曰く、演劇関連の書物が多かったそうで、あまりピンとこなかったみたい。でも、やっぱり雰囲気は良かったそうです。
この写真を見てもそれは伝わってきますよね。
本好きの聖地とも呼ばれている「シェイクスピア・アンド・カンパニー」やっぱり自分の目で、その雰囲気を楽しみたいものです。フランス行きたいとこリスト、実現させるぞ♪

コメント