井上靖「しろばんば」をじっくり読む

スポンサーリンク

子供の頃から気になっていた「しろばんば」を読みました。
タイトルから、ちょっと怖い話かなぁなんて、勝手に想像してたけれど、自伝的小説でまったく違っていた。
でも、うれしかったのは、
「しろばんば」は、「北の海」「あすなろ坂」と続く三部作だってこと。
昨年「北の海」を読んで、井上靖が好きになったので、
あの本と話が繋がっているんだと思うとほんとにうれしくて。

井上靖「しろばんば」

読み進むたびに、井上靖の世界に引き込まれていって、
洪作の成長を傍らで見守る心境になっていく。
おそらく、今だからこそ井上靖の良さがわるんだろうな。

うずたまの勝手な評価は

コメント