初めてのジャンル、飯嶋和一の「出星前夜」

スポンサーリンク

歴史がよくわからないので、今まで歴史小説って読んだことがない。この本・・というか、飯嶋和一はおもしろいよと聞いて、読んでみた本。
初めての歴史小説は、いきなり500ページ超えのなかなか読み応えのある本w。このボリューム、内容はちょっとくどい感じがしたしー、(えー、またココから説明するの?ってところ多々あり)視点がコロコロ変わって、歴史がよう分からんわたしには、ん?な文章でしたけど、挫折することなく読めました。

飯嶋和一「出星前夜」

島原の乱の話だそうです。なにせ歴史に弱いので、どこまでが本当で、どこまでがアレンジなのかもわかりませんでした。。。
歴史勉強しなきゃだわ。

うずたまの勝手な評価は

コメント